Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

橘ゆう

Author:橘ゆう
Twitterにも生息中。
ID:yu_Scircus

*好きなもの*
 かわいいもの
 ふわふわしたもの
 パステルカラー
 甘いもの
 
 漫画と音楽とゲームは原動力

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
Twitter...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春夏冬中

DSC_0486_20161205224948868.jpg

本を上手く持たせることができなくて四苦八苦。
(そもそも少し大きくて図鑑のよう)
結局この一枚しか撮りませんでした。
豆本とか買ってあげたいですね。

前回の記事のピン写真を集めたものです。
最後にすこしだけ雑記をば。


やっと新人さんが発送されたようです!
これから海を渡って、税関くぐるのにどれだけかかるか・・・
今週中に来てくれたら御の字です。

DSC_0478.jpg

DSC_0483.jpg

なんだか元気の無かった紫音。
うつむき加減の方が彼女らしく撮れた日でした。

DSC_0515.jpg

DSC_0494.jpg

この二枚、全く別のタイミングで撮ったのに角度がほとんど同じで
今回記事を書くために写真を選別していて驚きました。
せっかくなので採用・・・。
本当にそっくりな双子ですがなんだかまとってる空気が違う気がします。
紫音は陰で、久音は陽というか。。。
双子になったからこそ紫音のいままで見えなかったところが
見えてきたような。。。


DSC_0473.jpg

DSC_0475.jpg

ちょっとうつむき加減の紫音と反対に久音はこの日絶好調。
とても好きなカットがたくさん撮れました。

DSC_0546.jpg

DSC_0528.jpg

こうやって見るとやはり紫音はちょっと黒目がちですね。
色はとっても好きな色なので同じようなアイを探したいです。
久音のアイは・・・どんなのがいいかなぁ。


さて、一枚目で豆本の話をしたので本の話題を。
活字が恋しくなってずっと昔に読んだ本を開きました。
長野まゆみ作の「よろづ春夏冬中」、
初めて読んだのは1×年前。
少年たちの瑞々しい感情、琴線に触れる言葉選び、
すべてが初めての体験で、すっかりのめり込みました。
(この作品が同性愛に関する初めての物語だったのです。
もちろんあらかじめそういうお話だと知らずに手に取りました)

ずいぶんわたしも年を重ねましたがやはり読んだときの
胸の高鳴り、緊張感、あまずっぱい気持ちと背徳感は
忘れていなかったです。
紛れもなく「いまのわたし」を形作る一冊だと思います。
そんな本にもっともっと出会いたいです。

スポンサーサイト

C

omment


1つ前の双子さんの写真も、おでここっつんがとてもかわいくて胸がきゅんきゅんしましたが、1人ずつ撮った姿も可愛いです(*´∀`*)
大きめの本を持ってる姿も絵本を抱えているようで、幼い印象のある紫音さんらしい写真だと思いました。

新人さんの到着、待ち遠しいですね。
どんな子を頼んだのだろうとお披露目をとても楽しみにしています。
早く来るといいですね。

長野まゆみさん、私も内容知らずに手にとってハマった口なので同士がいた!と嬉しくなってしまいました。
独特の雰囲気ある言葉の洪水で、本がキラキラしているような、時々川の底が見えないぐらい深くて暗いそんな怪しい雰囲気?とか、あの世界感にハマっていろいろな作品を読んだなーと懐かしくなりました。

k URL | 2016/12/07 21:04 [ 編集 ]

>kさま
おでここっつんの写真はわたしもお気に入りなのでコメントをいただけてとっても嬉しいです♪
本はずっと前にイベントで購入したのですが今になってこんな風に活用できるとは思いませんでした。個人的に小さい子が大きめの物を抱えている構図が好きなのでもっと上手に撮れるよう頑張ります。

無事に新人さん到着しました!
しっかりとお写真を撮ったらお披露目しますので少々お待ちくださいませ・・・!

わー!お仲間さん発見です!
kさまの言葉選びがとてもお上手で、画面越しに大きく頷いておりました。わたしもこれをきっかけに「よろづ~」以外にももう一度読んでみたくなりました。

いつもコメント有り難うございます。
日々冬の足音が近づく時期、温かくしてお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

橘ゆう URL | 2016/12/09 16:17 [ 編集 ]

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://sxcircus.blog.fc2.com/tb.php/232-a9d29c27


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。