Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

橘ゆう

Author:橘ゆう
Twitterにも生息中。
ID:yu_Scircus

*好きなもの*
 かわいいもの
 ふわふわしたもの
 パステルカラー
 甘いもの
 
 漫画と音楽とゲームは原動力

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
Twitter...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス

DSC_1418.jpg

一気に寒くなりましたね。

写真は去年の夏に訪れたブライトンでの一枚。
急に涼しくなったなぁと思ったら海から霧(現地の方はsea mistと呼ぶそう...そのまんま!)がわぁーっと。
この二、三日前後にセブンシスターズに行った時もsea mistの洗礼を受けてしょぼん。
現地らしいと言えば現地らしい出来事です。

拍手たくさんありがとうございますっ
追記で近況少し。
ドールとは関係ありません。

あ、そうそう、DDですがまさかのマクロスFの登場にびっくりです!
アニメではシェリル派でしたが(歌もシェリルのが好きvV)、ランカ可愛いなぁと。
あとDDミクさんのお写真が皆可愛くて眼福です!

ここ最近なんだかイギリスに関して触れる機会が多く、学びの一環なのにおもわずそっちのけで浸ってしまいます。

まずは井村君江さんの講演に行ってまいりました。
妖精に関する講演だったのですが、まずその探究心尽きない姿勢にびっくり。
お話はシシリー・メアリー・バンカーを中心とした花の妖精のお話。
いくつかの具体例を用いてその絵にはどんな意味が込められているのか、その花はどの地域でそのような象徴なのかなどなど。
シシリー以外にも4人ほど花の妖精を描いた画家を紹介してくださったのですが、個人的にはジャン・グランヴィルの物語の一場面を切り取ったような絵や、チャールズ・ウィルヘルムのデザイナー的な絵も好きです。
…自身のボキャブラリーのなさが露呈しますね;

そしてもう一つ。
英国のメイド、執事事情にずっきゅん(死語?)しています。
調べ物のために本を読んでいたら見事に打ちのめされてしまい。。。
メイドさんは午前中はピンクのメイド服を着ていたなんて…なんだかこう、今時のアニメみたいじゃないですか?ピンクのメイド服って。
村上リコの『英国メイドの日常』が視覚資料が多く、大変参考になります。
メイドモチーフのポストカードの紹介やパンチ絵など、おもわずくすっとしてしまうものが多いです。
もう一冊。小林章夫の『召使いたちの大英帝国』
こちらは文字のみですがとても気軽に読めました。
ある執事の階級(階級と言う時点でとっても英国!)になるには見た目も重要とは…厳しい世の中です。
こんなこと言っていますがわたしの予備知識は漫画の『黒執事』レベルでした。お恥ずかしい。
どちらも調べ物のために読んだ本なので少しだけしかまだ読めていないのですが、あとでじっくり嗜みたいので自分用メモ兼ねて記しておきます…笑


ここまでご覧頂きありがとうございましたvV
お供はトワイニングのアールグレイティ(イギリス土産で買ってきたのに日本でも売ってた悲しみ!

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://sxcircus.blog.fc2.com/tb.php/117-a0e5e849


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。